長い期間が必要

脱毛を受けることで得られるメリットは多いですが、その反面、終了するまでには長い期間が必要になるということが欠点だと言えます。
これはクリニックでのレーザーやエステでの光が作用するのは、成長期の毛のみだからです。
見えている毛にダメージを与えたとしても、毛周期によって数ヶ月後には別の毛が成長期として生えてきてしまいます。
それゆえに、その時期を狙ってまた施術を受けなければいけないのです。
また、脱毛する箇所ごとにその毛周期にばらつきがあるため、たとえば全身を脱毛したとしても同じような結果が出ることはありません。
ワキの場合は約3ヶ月、背中ならば約6ヶ月が毛周期の平均であり、それらの期間ごとに施術をすることになります。
さらに、レーザーや光は黒い色素にだけ反応しますので、毛の濃さによっても違いが出てきてしまいます。
毛が濃いところは効果が出やすいのに対し、産毛などは吸収されにくいせいで効果が出るのが遅くなります。
とはいえ、エステよりもクリニックの方がマシンの出力が強力なため、1回の脱毛で得られる効果は高くなっています。
それによりクリニックでは1年半かけて終了できる箇所でも、エステではその2倍である3年かかってしまうケースも珍しくないのです。

Comments are closed.